任意売却について

任意売却について

通常住宅ローンを組む際、借り主が返済可能であるかの審査が行われるため、ローン支払いが滞ることはありません。
しかし急に収入が減少してしまったり、ケガや入院などやむを得ない理由で仕事を辞めてしまったりと、ローンの返済が困難になることがあります。
ローンの滞納が続けば裁判所により住宅が競売にかけられ、「差し押さえ」や「立ち退き」となる可能性があります。

任意売却なら、競売にかけられるよりも融通の利く手続きを行うことが可能です。
「ローン返済が難しい」という状況になりましたら、ぜひお早めにご相談ください。

任意売却とは

任意売却とは

任意売却とは、競売にかけられる可能性のある不動産を売却する不動産取引です。
専門の不動産コンサルタントによって債権者(銀行等の金融機関)と債務者(ローンの申込人)の調整が行われ、 その不動産の売買価格がローン残高を下回った場合も債権者の合意を得て売却することで、債務者の残債をできる限り減らすことができます。

裁判所による競売は、強制的で融通の利かない手続きですが、任意売却は裁判所が介入しない為、債務者自らの判断(任意)で行う事ができるのです。
そのため、引越し費用や残債など、様々な融通が利く手続きになります。

任意売却のメリット

裁判所による競売では、物件を手放した後の住宅ローンの支払いが免除されるわけではありませんが、 任意売却では物件を良い条件で手放すことによって、残債をできる限り減らすことができます。

また滞納が短期間のうちに任意売却の手続きをすれば、競売には無い様々なメリットがあります。

物件を手放した後の再スタートを上手に切るためにも、早めにご相談ください。

任意売却と競売の比較

  • 競売の場合
  •  
  • 任意売却の場合
  • 売却価格が市場価格よりも約3〜4割程安く
    落札されてしまう為、売却後も多くの残債が
    残ってしまいます。
  • 売却について
  • 相場で売却活動を行うため、
    競売よりも高く売却することが可能です。
  • 引越し費用は用意されず、0円です。
  • 引越し費用
  • 交渉により、引越し費用を確保することが出来ます。
    ※弊社の場合 実績…100%確保
  • 引越しの時期は、落札者の都合が優先され、
    立ち退きを迫られることがあります。
  • 退去時期
  • 契約時期や引越し時期はご事情・ご希望により、
    お話し合いが可能です。
  • インターネットや広告で競売情報が公開される為、
    ご近所に経済状況が知られてしまいます。
  • 情報の扱い
  • 一般的な売却方法と同じなので、経済状況をご近所に知られることはありません
  • 落札後、残債務+競売申立費用を
    合わせて請求されます。
  • 残債務
  • 残債務については債権者と交渉し無理のない返済計画で返済が可能です。
  • 競売により、金銭面や気持ちの面でも負担が大きい
  •  
  • ご自身で決断できるため、前向きな再スタートが可能

任意売却のタイミング

上記の通り、任意売却は競売に比べて様々なメリットがありますが、いつでも選択できるわけではありません。
任意売却では、債権者と話し合いや合意が必要になるので、実際の競売が始まってしまう前に準備を始める必要があります。
タイミングを逃さないよう、なるべく早めにご相談ください。

住宅ローンを停滞してから競売になるまでの流れ

実際の段階
  • 住宅ローン滞納しそう
    住宅ローン以外の借り入れや収入の減少によって、
    今後の返済の目途が立たなくなる
  • 住宅ローン滞納開始
  • 督促状・催告書
    金融機関から返済を要求する通知の手紙が届く
  • 期限の利益損失
    住宅ローンの一括請求をされる
  • 代位弁済
    住宅ローンの債権が保証会社の下に移る
約4〜6ヶ月
  • 競売開始決定
    裁判所から「競売決定通知」という手紙が届く
  • 執行官が自宅訪問
    執行官が住宅の調査と写真撮影をするために
    自宅を訪問する
  • 期間入札の確定
    入札日から開札日までのスケジュールが確定されます
  • 公告
    競売入札の用法が公開される
  • 期間入札の開始
    期間入札の開始後、1〜2週間で開札される
  • 開札までに任意売却を終わらせる必要があります
約3〜5ヶ月
PAGE TOP